買物支援システム「ラック」


買物の魔力をご存知ですか?

お買い物は資材調達ではありません、小さいころ小銭を握りしめお使いを頼まれたことはありませんか、馴染みの店の店員さんの説明や何気に会話を楽しみついつい買物に出かけたことはありませんか、何気なく店の中をぶらぶら見に入ったことはありませんか


私はホームページの買物では満足できません

買物のワクワク感や店員さんとのやりとり、たまらなく好きです。買物をいつまでも楽しみたい、自分で見て手にとって、心も満足したい そういう気持ちに応えたい気持ちで買物支援システム「ラック」を育ています。

見るlookと買物の楽しさ「楽」をかね合わせたラックが諦めていた、あの買物のもつ魔力を再びあなたのもとへ導いてくれます。

ラックの名称は買物支援システムを導入されている汐の宮温泉病院の皆様で命名いただきました。汐の宮温泉病院では種々の病気の理由で買物にいけない方のためにラックで買物をしていただき、商品の調達だけではなく買物を通して社会との接点を持続し、買物行動のもつ思考や喜びを社会復帰の一助としても活用されています。


買物支援 ラックの概要

ラックは高性能会議システム VQSコラボを基幹エンジン採用しています。VQSコラボは市販のはパソコンやiphone・ipadで高画質の映像はもちろん、大手英会話教室でも採用されているように高音質テレビ会議システムです。

商品の画像やご利用者どうしの顔の表情を読み取り、高齢者や障がいのある方や買物支援が必要な方、介助者の声の雰囲気を聞き逃さないことを大切にしています。
また、特別なハードや環境を必要ではありません。

無線wi-fi環境や3G・4G・LTE環境で手軽にご利用をいただけます。


利用者の立場から

近くな便利なお店が無くなった、馴染みのお店に種々の理由でいけなくなった。

お医者さんや家族から外出を控えるように言われている。

メモ書きを人に依頼して購入してもらっても満足得られる商品と違うことが多い。

介護・看護職員が時間を作って買物行っているが時間を作ることが厳しく、依頼者(利用者)の不満につながる。

お店の人とのやり取りを楽しみたい、買物を通じて社会の接点を持続したい。


お店の立場から

以前は電話やFAXで注文を聴いてお届けしていたが、手間の割に売上があがらない、また依頼された商品と違うなどから買ってもらえない。

WEBシステムなども検討したが初期費用が高く、更新や維持する手間や費用もかかる。

相対でのやりとりは従来お店で行っているので画面から表情を見てお客様の気持ちを察することが容易にできる。


システムの概要

対象ご利用者様

・医療福祉施設  ・地域活動団体  ・会社  ・店舗  ・商店街  ・スーパー

・コンビニエンスストア など


利用料金

ご利用料金は初期登録費用とその時コースと月額コースの2つになっております。

システムの概要でご説明しました機材はご利用者様でご用意ください。

 

○その時コース 1回1時間のご利用都度でお支払い頂くコースです。

  • 1回(1時間以内)    円 (但し 年間登録料が   円必要です)
  • 但し他のご利用者様と重なる場合がございます、予めご予約が必要です。

○月額コース 時間 回数に制限がありません 月額のは支払いで年間登録費用は必要ありません。

月額費用は   円で、利用時間や回数の制限はありません。